毛皮のお手入れを定期的に行おう

毛皮は保管しておくだけでも定期的な手入れが必要になることをご存知でしょうか。何も手入れを行わないまま保管しておくと、毛並みに艶がなくなってしまったり、毛が劣化してしまったりと品質が低下してしまうのです。それではせっかく保管しておいたのにもったいないことですよね。しかも、毛皮は高級なものが多いですので、価値が下がってしまったら、いざ不要になって買取を利用する際に買取額も下がってしまいます。
冬に大活躍した「ファー」のお手入れはしっかり行いたいところです。
しかし、毛皮の手入れをどのようにして行えばよいのかわからない人も多いはずです。毛皮の手入れは自宅にある道具で簡単に行うことができますので、ぜひ、試してみましょう。
まず、お手持ちのシャンプーや台所用洗剤をお湯で薄めた液を使って、毛皮の汚れを優しく拭き取っていきます。その後、お酢をぬるま湯で薄めた液でもう一度優しく拭き取っていきます。そして、陰干しを行って乾かしていくのです。毛皮が乾いたら、ブラシで優しく毛並みを整えてお手入れは完了です。この方法でしたら、簡単な汚れやほこりは取り除くことができます。
もし、ひどい汚れがあった場合には、毛皮専用のクリーニングに出すこともおすすめです。毛皮は水に弱いですので、通常のクリーニングでは洗うことができません。また、間違っても自宅の洗濯機では洗わないように気をつけましょう。

Leave a Reply