品種によって特徴が異なるうさぎの毛皮

うさぎの毛皮はラビットファーとも呼ばれていて、染色がしやすいという特徴があります。マフラーや手袋、コートなど様々な防寒具に使われており、他の動物の毛皮と比較すると安価なのが魅力ですが、ラビットファーの毛が抜けることもあるとか。
毛皮が利用されるうさぎの種類は多岐にわたりますが、その中でも品質が高いことで知られているのがレッキスラビットです。普通毛皮は刺し毛(ガードヘア)という弾力性に富む真っ直ぐな毛と、綿毛(アンダーファー)と呼ばれる密生した毛で構成されています。しかし、レッキスラビットは刺し毛が退化しているため、まるで天鵞絨のようなフワフワとした柔らかい触り心地を味わえます。原産地はフランスで、野生のうさぎの突然変異体が起源です。
アンゴララビットはアンカラ地方原産のうさぎで、モコモコとした長い毛が特徴です。19世紀の終わり頃にヨーロッパの各地に広がり、品種改良が行われました。そのため、フレンチ・アンゴラやイングリッシュ・アンゴラなど様々な品種がいます。日本で改良された日本アンゴラという品種も存在します。
チンチラウサギはその名の通りチンチラに似た灰青色の美しい毛皮を持っています。その他にもベージュのゴールウサギや灰褐色のゴマウサギなどが存在します。

Leave a Reply