毛皮を加工する場合の縫い方

生地や手芸品を販売しているお店では、最近皮や毛皮が販売されています。自分で毛皮を使って何かを作りたいという方も増えているようです。また、毛皮が破れてしまったというときに、自分で治したいという方もいるかもしれませんので、誰も教えてくれない毛皮の縫い方について少し触れて見ます。
毛皮は、布と違って皮の部分がかなり厚くなっています。なので、DIYで縫うのであれば、布のように糸を付けて手繰りながら縫うなどという縫い方はできないことを理解してください。用意するのは毛皮専用の針(2本縫いの場合は2本)と、千枚通しのような毛皮の目打ち用の針、そして毛皮固定用の両面テープです。
縫い方というよりも、毛皮の場合、縫う前に穴を開けることがポイントになります。穴が開けた後でずれると作業しづらくなるので、先に、両面テープで加工したい形につなげておき、そこに、針で穴を開けて行きます。その穴だけですと糸を使ったときに通しにくいので、開けた穴を目打ち針で広げます。これを一通り終えたら、針に糸を通して縫っていきます。頑丈に仕上げたい場合は2本の針を使い表裏から交互に縫う縫い方が良いですが、強度を求めない部分は1本針で縫う縫い方で十分です。また、皮が柔らかいものでは、縫うのは簡単になりますが、破れやすいのでテンションを掛けすぎないように気を付けて縫っていきます。

Leave a Reply